オトナ女子も一応女です

オトナ女子だって気にするよ!

子供のために、、という言葉の呪文


スポンサードリンク

友人Kの話。

 

結婚20年の友人Kと久しぶりに真剣な話をした。

 

結婚したての頃から離婚をしたかったそうだ。

結婚生活が、あまり幸せそうではないなあというのは聞いていたのだがそんな前からだとは思わなかった。。

例えば、子供が生まれる前から、別々の寝室で寝ていた。食事も別々に食べる。

そういう状態だったようだ。

ただ子供が生まれてからは3人で食べていたようだったが・・

 

よくよく聞くと、結婚式を挙げる前、この結婚をこのまま進めていいのだろうか、、

結婚式の前日まで迷っていたそうだ。

 

結婚は、自分たちだけの問題ではないから招待状を配った時からいろいろな問題が出てきてしまうからやめるのは確かに勇気はいる。

 

そして、、、子供が生まれた。

その子供ももう成人して一人暮らしを始めた。

 

「もう、離婚してもいいんじゃない?」

 

私がそう言うと

「子供がね、お父さん、好きなんだよね」

「だから、離婚はしないの」

 

夫婦の会話はとっくにないのに、、、

家の中の雰囲気もいいわけではないのに。。

 

お父さんのことが好きっていうだけで、やっぱり離婚をためらうんだろうか・・

 

もういい加減、自分の人生大切にしていいんじゃないか・・

 

でも、先日事件が起きたようで、

友人が体調を崩し、病院に運ばれてしまった。

その時、ついてきたのが、息子。

 

医者は、原因がわからない。。

とにかく、ストレスか何かありますか?

息子に聞いたようだ。

 

「母は、長年のいろいろな問題でストレスを抱えてたんだと思います。」と言ったのだ。

 

友人は、言葉を失った。。

 

子供の前では絶対に喧嘩はしなかったそうだ。

だんなさんは、とても無口の人なので、まず、喧嘩にはならないようだったが。

 

友人は「わかってたのかな・・それ以外、何も言わなかったけれど」

 

わかってるようだったら、離婚すればいいのに。。

 

そう私が言うと

「息子の帰ってくる家がなくなってしまうから、我慢するよ。

それに、自分の選んだ選択で(旦那さんを選んだことについて)息子を巻き込むのは嫌だ。

これは全部自分の責任だから、結婚生活を全うしたい」と友人。

 

「でも、お母さんが笑顔がないのって子供には辛くないかな・・」

 

こういう話は、たぶん、この日本の中にいっぱいあるだろう。。

 

果たしてどっちが幸せなんだろう・・